BLOGブログ

原因究明は難しい!

台風の後にはいろいろな相談事が持ち込まれます
盟章で施工したものではなく
何らかのご縁があったお宅からの緊急的な連絡が多いのです
先日はコロニアル葺きの屋根で棟の板金が剥がれて落ちてきたとの連絡をいただきました
伺ってみると棟の下地になっている材料が収縮して留めていた釘が抜けかけて
そこに台風による強風ではがれおちたものでした
早速板金屋さんに対処してもらいましたがコロニアル葺きには問題が多いですね
今日はお付き合いのある設計事務所さんからの依頼で雨漏りの補修に伺いました
このお宅も盟章の施工ではないのですが
残念ながら施工した工務店さんがすでに無くなってしまい
メンテナンスをしてくれるところが無い状況です
他社での施工物件は急所をつかむのが難しく原因究明に手間がかかります
自社の施工ならば何となく見当がつくのですが・・・
雨漏りの原因を探すのは
雨漏りをしないように施工するよりもはるかに難しく至難の業です
何よりもそうならないように次善の策が重要ですね
そんなに難しくも手間がかかるわけでもないのですから!