ORDER注文住宅

KINOWAの家

KINOWAの家

エゴではなく、エコ。

自分たちの暮らしが、大地や自然とつながっていることの証として、土に還る自然素材を使っています。
そんなライフスタイルこそが、エゴではなくエコだから。
一緒に、自分たちにあったシンプルなエコハウスをつくりあげましょう。

KINOWAは建築家とコラボレーションして建てる住まいです

工務店は施工のプロフェッショナルです。多くの場合、細部の納まりや技術的な知識は、工務店の方が設計事務所より勝っています。この納まりだと経年劣化が激しくなる、メンテナンスがしにくい、歩留まりが悪いなど、住まいがハードウェアとして長持ちするように、工務店は、「施工面において住まい手さんに不利益が生じないように」、この役割を担っています。

一方、建築家(設計事務所)は、「住まい手さんの理想的な生活を実現するためのプランを描くプロフェッショナル」です。それぞれの家族のライフスタイルや敷地環境に合わせた設計を、ゼロベースで考えます。施工者の都合よりも、住まい手さんの生活スタイルや周辺環境を考慮した設計を行います。

施工段階における設計事務所の役割は、工務店が行う工事を「監理」することです。これは設計図面で示した指示や意図の通りに施工ができているかどうかをチェックする作業です。これに対して工務店は、施工精度などの厳しい水準に応えるとともに建築家が描いたプランをどう収めるか、その技術的やコスト的課題の解決策を提示しながら工事を進めます。

住まい手さんに寄り添いながら、その理想のカタチをプランニングする設計者と、住まいがより長持ちすることを優先させる工務店では、担うべき責任が違います。「欠陥住宅になりにくい」「手抜き工事を防ぎやすい」という第三者的視点においても、この視点は重要です。盟章建設は、建築家とのコラボレーションで「設計と施工」を分けた家づくりをお勧めしています。

設計者のご紹介にあたって

家づくりは、住まい手・設計者・工務店の協同作業です。プランニング(=図面)は、協同作業のための「共通言語」で、これが共有できていないと「こんなはずではなかった」ということになります。だから、それぞれの視点で見えなかったものをあぶり出していく。家づくりは、「住まい手・設計者・工務店の三者によるコラボレーション」なのです。

上手な建築家は施工を担当する工務店の知恵をうまく引き出して家を建てます。そして、自信のある工務店は設計者に意見を伝え、技術的、コスト的な課題の解決策を示しながら施工を進めます。この真剣勝負の土俵は、三者で価値観が共有されていることが前提となります。盟章建設は自然素材を使用した、風景となるような家づくりを行う工務店です。流行やデザインのみに特化した粗末な家は建てません。設計者のご紹介にあたっては、この価値観を共有できる建築家をご紹介いたします。

コラボレーションしている設計事務所様

BASIC30t

BASIC30t

BASIC30t

都市型立地を想定した「KINOWA」のプロトタイプです。

1F面積 51.13㎡(15.43坪)
2F面積 47.81㎡(14.43坪)
述べ床面積 98.84㎡(29.93坪)

HIRAYA+LOFT28t

HIRAYA+LOFT28t

HIRAYA+LOFT28t

郊外立地を想定した「KINOWA」のプロトタイプです。

1F面積 60.24㎡(18.22坪)
2F面積 33.12㎡(10.01坪)
述べ床面積 93.36㎡(28.24坪)

「KINOWA」のカタログをご用意しております。