BLOGブログ

リフォーム工事を行いました。

リフォームキッチン・LDK

以前からリフォーム工事でお世話になっているお客様より、床の不具合でお困りのご近所さんをご紹介いただきました。

伺ってみると「床の一部がフカフカするから直してほしい」とのご要望で、昨日工事に伺いました。

状況を確認すると、合板のフローリングの劣化が原因で、床がフカフカしてしまう問題が起きていました。
問題が発生した理由は、合板フローリングが経年劣化により、接着剤が剥離してしまったことにありました。
こういった工事では既存の床を剥がして張り替えるのがベストの対応ですが、時間も手間も費用もかさみます。

周りの敷居が上がっている場合、既存の床の上に板を1枚追加することで、安価に早く解消できます。

およそ築30年以上のお宅では、敷居部分が和室30mm、その他15mmほど高さを設けています。
小さな段差があるおかげで、床を1枚追加しても建具があたることもなく、問題解消+バリアフリーにつながります。

今回のお客様は「問題ある部分のみ解消してほしい」とのことでしたので、既存の床の上に板を1枚追加することで対応させていただきました。
床を剥がすと数日かかる工事が1日で終わったため、お客様の負担も軽減できたと思います。

この度は工事依頼、ありがとうございました。
また何か問題が発生しましたらご連絡ください。