BLOGブログ

白幡の家 さいたま市 自然素材の新築事例 最終クリーニングと確認

新築さいたま市白幡の家

■概要
お客さまは、60代のご夫婦と息子さんの3人暮らしのご家族。
老後の暮らし方を模索していた時期に「60歳で家をつくる」勉強会に参加していただいた方です。
田舎暮らしや住み替えなどを検討した結果、「今の家を建て替える」という選択をされました。
60代ということもあり、これからのライフプランをファイナンシャルプランナーさんとともにしっかりと立てた上で、ご予算に合った設計を行って、老後の家づくりがスタートしました。

ついに、さいたま市白幡の家の工事が終わりました。
今回は最終クリーニングと最終確認の様子ををお伝えします。

工事を終え、内外のクリーニングは7月30日(金)に行いました。

写真はサッシ周りのクリーニング中の様子。

通常、掃除機で吸うのが一般的だと思いますが、ブロワーを使ってゴミを吹き飛ばします。
また、ガラスの表面にカッターのような刃を鋭角に当て、ガラス表面を削るととても綺麗になります。
この作業は「ガラスを切る」と言います。

クリーニングを終え、8月2日(月)はお客様に最終確認をしていただきました。

お引き渡しはお盆明けを予定しています。

竣工写真は18日(水)に撮影予定です。
また同日に完成時の気密測定も行います。
前回気密測定を行なったのは工事中で、セルロースファイバーを入れずに測ったのでどのくらい変化があるのか気になるところ。
今後もより良い住宅を作っていけるよう、数値を意識するのは大切なことの一つです。

次回、竣工写真を撮影したら白幡の家は完成となります。
どうぞ最後までお楽しみに。